おすすめの探偵事務所一覧

妻の浮気を見破ることができない夫とは?浮気に気付きにくいパターン3つ

男性はもともと、女性の勘のようなものは備わっていない分、相手の浮気に気付くのが遅くなると言われています。
その中でも、特に夫が妻の浮気に気付きにくいパターンが3つあります。

 

 

夫が妻の浮気に気付きにくいパターン3つ

例を挙げながら説明していきましょう。

 

パターン1:夫が仕事人間で浮気性ではない

ずばり、仕事一筋の男性には、妻の浮気に気付きにくい傾向があります。
職場では自分が取り組んでいる仕事や人間関係に対して常に気を使っていても、その分家では疲れていて妻の浮気を察知する余力が残っていない…というようなパターンは多いのです。

 

さらに、夫側が浮気するタイプでないと妻の浮気を疑ったり、そもそも浮気という発想をすることもないので、追及する事がありません。
反対に浮気性な夫であれば、「どうすれば妻にばれないように浮気できるか」などのノウハウを知っているため、妻に疑わしい行動があれば浮気を追及する人もいるようです。
自分が過去・もしくは現在浮気をしていると、妻のちょっとした行動が目に付いて、「ひょっとしたら妻も浮気をしているのでは?」と不審に思ってしまうのです。

 

そういう男性に比べると、仕事人間で浮気とも無縁の男性は、妻の浮気を察知する能力は低いと言えるでしょう。

 

パターン2:妻が浮気相手と遠距離恋愛だった

2つ目に、浮気相手と妻が遠距離恋愛の関係にあった場合です。
自宅の周辺を避け、遠い場所でしか会わないようにしていたため、10年もしくは20年以上気付かれないままでいられたという例もあります。

 

遠距離恋愛の場合は、会う機会が少ないため夫や周りの人に不自然に思われる確率も低くなります。
そして、自宅からかなり離れた距離で浮気相手と会うということは、探偵や興信所を利用しない限り気付きにくいといえます。

 

パターン3:夫が妻の気持ちに対して鈍感

3つ目に、毎日の妻の行動や心情に関してほぼ無関心である事も理由の一つではないかと考えられます。
このように夫が妻の気持ちを汲み取ることができないでいると、妻は愛されていると実感できなくなってしまい、浮気に走る傾向が高いといわれています。

 

例えば、「妻が髪型を変えた」とか、「最近、妻の様子がおかしい」と考えたりしないような人に多いようです。
このようなタイプの人は、妻の浮気や浮気をする理由に関して鈍いのもごく当たり前のように思われます。

 

探偵に相談してみましょう

気付いた時には妻が浮気に走った後だった、という場合は探偵に相談してみましょう。
離婚や慰謝料請求において、裁判で使えるような確実な浮気の証拠が必要になってきます。
離婚しないにしても、証拠を押さえておけば妻に浮気を認めてもらうために役立ちます。

 

当サイトでは、見積もりなどを含む契約内容をきちんと明記してくれる探偵事務所のみご紹介しています。
相談・見積もりだけなら無料の探偵事務所も多数ありますので、悩んでいるならまずは相談してみましょう。
下記のボタンをクリックして、おすすめの探偵事務所の中からご自分に合ったところを選んでみて下さい。

 

★おすすめの優良探偵事務所はこちらをクリック⇒

 

おすすめの探偵事務所一覧