妻の浮気の証拠を集める方法│携帯をチェックする?家の中を探す?

証拠集め

「妻が浮気をしているかもしれない」と疑うことは気持ちの良いものではありません。
しかし、疑惑を疑惑のままにさせておくと、その後の夫婦生活をより悪いものにする可能性があります。
証拠を集めて浮気しているかはっきりさせるのが望ましいですが、いきなり専門家に依頼するのも気が引けるものです。
そんな時、自分で証拠を集めるとしたらどこから調べるのがおすすめで、どのようなことが証拠となるのかを紹介します。

 

 

自分で証拠を見つけるべきか?メリット2つ

不貞行為の証拠」というと、妻と浮気相手がラブホテルへと入るところや出るところを撮った写真や動画などが該当します。
これらは裁判などにおいても決定的な証拠となり、自身に有利に裁判を運べるほどの高い効力を持つものです。
しかし、素人でこのような証拠をそろえることは非常に難しいです。

 

ならば、素人でも自分で証拠を見つけるために行動する必要があるのか?といった疑問が浮かびますが、はっきりと必要がある上に役に立つと言うことができます。
というのも、証拠動画や写真といった決定的な証拠をつかむことは素人には難しいですが、状況証拠ならばいくつか集めることが可能だからです。
状況証拠は裁判で役立つとは言い切ることはできませんが、使いようによってはその前段階において役立ちます。

 

メリット1:妻の自白に使える

まず、状況証拠をいくつか揃えて妻へと突きつければ、妻の自白を得られる可能性があります。
決定的な証拠がなくとも、浮気と思われる状況証拠を揃えておけば、妻に問いただすときに自分にとって有利に話を進めることができます。
場合によっては、その場で妻の浮気を認めさせることができ、離婚や裁判沙汰までことを発展させずに問題を収束させることができるかもしれません。
証拠が手元にあれば、それだけ自分がとれる選択肢が増えるということになるので、自分でできる範囲で行動してみることが勧められます。

 

メリット2:探偵の調査がスムーズになる

また、自分で証拠を見つけておけば、探偵などへ調査を依頼した時に調査が早く進む可能性もあります。
探偵へと調査を依頼する段階となると、ある程度浮気を確信していることでしょう。
その証拠をいくつか集めて探偵に提出すれば、調査の手掛かりとなり、何から調査すべきか、どのような証拠なら集めることができるのか、といった探偵の判断が早まります。
さらに、決定的な証拠が掴みやすくなることで調査期間を短縮し、調査料金を抑えることが可能です。
もし離婚から裁判に発展したらより費用がかかることになるので、ここで浮気調査の費用を抑えることは非常に有効です。

 

このように、自力で証拠を集めることは決して無駄ではありません。
少しでも手がかりになるかもしれないので、これから説明する方法で証拠を探してみましょう。

 

浮気の証拠を携帯電話から見つける方法

スマホ

自分でできる浮気調査の第一歩として知られていることが、携帯電話やスマートフォンを確認することです。
もちろん、簡単に確認することができるわけではありませんが、試してみる価値は大いにあります。
携帯電話やスマートフォンは日常生活で欠かすことができないものであり、浮気の際にも、もう一台携帯電話やスマートフォンを用意していない限りは使っていることになります。
ですから、浮気をしていれば、大なり小なり浮気の証拠が見つかる可能性が高いです。
しかし、ただやみくもに携帯電話やスマートフォンを見ればよいというわけではありません。
いくつかのチェックポイントがあるので、それに沿って浮気をしているのかどうか確信していくことが重要です。

 

ロックと予測変換

まず、探偵へと証拠として提示することはできないかもしれませんが、自分で浮気だと確信するためのチェックポイントとして、ロックの有無と予測変換があげられます。

 

ロックの有無

携帯やスマートフォンにロックを掛けている人は浮気をしていない人でも多くいます。
しかし、注目すべきはロックの番号であり、浮気をしていないと思わせるために、あえて夫の誕生日や記念日を設定していることが多いです。
それだけで断定はできませんが、怪しい行動もしているならば疑うべき証拠のひとつとなり得ます。

 

予測変換

また、予測変換で「す」「あ」を打ち込んでみて、「好き」「愛している」「会いたい」などといった文字が出てきており、なおかつ普段妻としているメールやSNSでのやりとりにこれらの言葉がめったにない場合は、浮気相手に送っているメール・SNSの内容である可能性が高いです。
メールなどの履歴が残っていなくても、予測変換までには気が回らない人も多いので、これらで確認をしてみると良いでしょう。

 

怪しいアプリ

かつて、恋人の浮気を防止するためのアプリが人気となっていましたが、その反対の浮気を手助けするアプリもあります。
位置情報を偽造できたり、特定の相手とのやり取りをごまかすアプリもあるので、これらのアプリがあった場合は疑わしいです。

 

メールの履歴や写真

実際に、浮気の状況証拠を携帯電話やスマートフォンから集めることも可能です。
浮気がばれていないと妻が考えていると、浮気相手とのメッセージのやりとりを消さずにとっておいたり、スケジュールにも怪しむべき項目をそのまま残したりしています。
メール、LINE、SNSの内容や履歴、スケジュール表、はては不貞相手との写真などを見つけて自分のメモリーカードにコピーしておけば、立派な証拠になり、調査や自白を迫る際にも役立つ可能性が高いです。

 

浮気の証拠をレシートから見つける方法

レシート

浮気の証拠は意外なところに潜んでいることがあります。そのひとつがレシートです。
日々の買い物の履歴が残るものですから、自分がいない間の妻の行動を知ることができますし、もしかしたら浮気の手がかりになるかもしれません。
妻の財布の中にあるレシートや妻が何気なく捨てたレシートを回収して、どのような場所でどのようなものを買っているのかを確認してみましょう。

 

ラブホテルのレシート

ラブホテルの名前が記載されたレシートが出てくれば、それはかなりの確率で浮気の証拠として使うことができます。
しかし、あまりにも決定的すぎるため、さすがに妻もそのようなレシートは見つからないように処分している可能性が高いです。
ですから、以下で説明する他のレシートを見て、浮気の疑いがあるか確認する必要があります。

 

普段行かない店のレシート

怪しむべきレシートとしては、まずは普段行かないような店のレシートです。
妻が普段の生活で行かないような店のレシートを持っていた場合、それは妻の浮気相手とのデートなどで、相手の趣味に付き合って訪れている可能性があります。
そのため、妻の日々の生活や趣味とは離れた店に行ったレシートは浮気の可能性が疑われます。

 

車でしか行けない場所のレシート

次は車でしか行けない場所のレシートです。
これは、夫の目を恐れて妻と浮気相手が生活圏を離れ、車でしか行けないような場所で密会していたからできたレシートかもしれません。

 

男物を買ったレシート

また、男物の商品を買ったレシートも怪しむべきです。
自分や周囲の近しい男性が何かしらのプレゼントをもらってもいないのに、男物の商品を買ったレシートが出てきた場合、それは浮気相手へのプレゼントかもしれません。
そのため、浮気の証拠となるかもしれないので残しておきましょう。

 

日付と時間も重要な手がかり

レシートにはその買い物をした日付と時間が記載されていることが通常です。
あらかじめ妻のスマートフォンや携帯電話などからスケジュールを確認しておいて、浮気相手と会っていたであろう日付のレシートがでてきたら、その日何をしていたか妻に聞いてみましょう。
もしごまかしたり、妻の発言とレシートに矛盾があったならば浮気の可能性が高まります。

 

浮気の証拠を車内から見つける方法

車内

もし車を所有しているのならば、車の中も調べてみる価値があります。
車の中は、家の中以上に浮気の証拠があふれている可能性もあるので、いくつかのチェックポイントと共に確認することが必要です。


 

落ちているもの

まず、車の中に浮気相手の髪の毛や持ち物が落ちていないかを調べます。
明らかに自分の髪の毛とは異なる毛が落ちていれば、少なくとも知らない人を乗せたことにはなります。

 

座席の変化

物的な証拠がなくとも、自分が以前乗ったときと比べてシートの傾き加減足元のスペースの広さが変わっていれば、誰か知らない人を乗せた可能性が高いです。

 

ゴミ・忘れ物

車の中にレシートが捨てられている可能性もあります。
その車で妻と出かけたのなら、出かけ先で買い物をして、レシートを車のゴミ箱やダッシュボードに捨てていっているかもしれません。
また、ダッシュボードの中には相手の忘れ物があるかもしれませんので、足元やダッシュボード付近には特に目を光らせましょう。

 

走行距離・行き先

走行距離やカーナビの履歴にも浮気の証拠が残っているかもしれません。
妻と一緒に遠くに出かけた記憶がないのに長距離を移動していたならば、浮気相手と会っていた可能性があります。
頻繁に遠出をしているようならば、さらに浮気の疑いが高まるでしょう。
また、出かけ先を偽っていたとしても、カーナビの履歴を見れば実際にどこに出かけたのかを確認することができるのでチェックが必要です。
妻の普段とは異なる出かけ先男性が好むような店を行き先にしていれば、かなり浮気が疑われます。

 

妻の外出先から浮気を調べる方法

浮気をしているかどうかは、実際に妻がどこに行っているのかを知ることで分かるかもしれません。

 

GPSを使う

かつて、恋人が浮気していないかどうかを知るためのアプリが話題になりました。
このようなGPS機能を持つアプリを妻の携帯電話やスマートフォンに入れておくことで、自分と一緒にいない時間帯の妻の移動先を容易に知ることができます。
もし、このGPSでラブホテルに行っているのならば、浮気がかなり高い確率で疑われることでしょう。

 

ICカードの乗車履歴

また、上記のようなアプリケーションを使うことが難しい場合や、車がなくて走行距離やカーナビを調べられない場合でも、妻の行き先をある程度把握することは可能です。

 

ICカードの乗車券を持っていれば、その乗車履歴を調べることで行動範囲を知ることができます。
乗車駅・降車駅の周辺の地理を調べれば、浮気相手の住所や密会場所まで特定できるかもしれません。

 

まとめ:浮気の証拠はいろいろな場所に

妻の浮気の証拠というものは、様々な場所に潜んでいます。
日常で良く使っている携帯電話やスマートフォンにはじまり、レシートの内容、車の様子などが当てはまります。
また、少し工夫すれば、妻の日々の生活状況を把握することもでき、より具体的な浮気相手との行動も知ることもできるかもしれません。

 

しかし、素人のできる範囲は限られています。
これらの細々とした証拠を集めたとしても、実際に裁判などで有効となるものは少ないことも確かです。
自分の調査に限界を感じたり、より有利な状況で裁判をはじめたいという場合は、無理をしないで探偵などの専門家に相談することがおすすめです。

 

妻の浮気調査におすすめの探偵事務所は?

当サイトでは、料金・契約内容・調査結果などの情報をきちんと開示してくれる優良探偵事務所のみご紹介しています。
相談・見積もりだけなら無料の探偵事務所も多数ありますので、悩んでいるならまずは相談してみましょう。
自分で掴んでいる証拠があるなら、そのことも伝えておくと話がスムーズにいくかもしれません。

 

↓こちらをクリックして、自分に合った探偵事務所を選んでみて下さい↓

おすすめの探偵事務所一覧